船内荷役作業主任者

船内荷役作業主任者に関する資格試験情報を掲載しています。資格の区分、資格試験の受験資格、試験の内容などを紹介します。船内荷役作業主任者の資格取得なら、資格DBにお任せください。



船内荷役作業主任者の資格取得ガイド

船内荷役作業主任者とは、船内の荷の積み降ろしや移動に際して、安全な作業を行うための陣頭指揮をとる資格者。知識・体力・責任感の必要な重要な資格である。資格取得には、各都道府県労働局長の登録を受けた技能講習を受講後、修了試験に合格する必要がある。

資格区分

公的資格

受験資格

船内荷役作業主任者の受験資格は以下の通りです。

掲貨装置、移動式クレーン、クレーン・デリック(旧クレーン、旧デリック)運転士免許取得後、4年以上船内荷役作業の業務に従事している者。

資格試験内容

[講習内容]

[作業の指揮に必要な知識]
(1)作業に伴う災害およびその防止方法
(2)災害発生時の措置
(3)作業計画の確認および労働者の配置の方法 ほか

[船舶設備、荷役機械等の構造および取扱いの方法に関する知識]
(1)掲貨装置およびクレーンの構造および取扱いの方法
(2)荷役機械および荷役用具の点検方法
(3)保護具の使用および保守点検の方法 ほか

[玉掛け作業および合図の方法に関する知識]
(1)玉賭け作業に必要な力学
(2)玉賭け用具の選定および使用方法
(3)危険、有害な貨物および特殊な形状の貨物の玉賭け方法

[荷役の方法に関する知識]
(1)段違い作業と高所作業
(2)巻出しおよび引込み作業

[労働安全衛生法・労働安全衛生法施行令・労働安全衛生規則およびクレーンなど安全規則中の関係条項]

受験申込期間

試験実施日

教習機関が指定する日

試験地

教習機関が指定する場所

受験料

教習機関により異なる

合格率

%

資格関連書籍

船内荷役作業主任者関連の人気書籍

お問い合わせ先

船内荷役作業主任者についての資格試験に関するお問い合わせは以下の公式問い合わせ機関にお問い合わせください。

都道府県労働局安全課または港湾労災防止協会東京総支部

船内荷役作業主任者について

船内荷役作業主任者に関する情報は作成日時点(更新時点)のデータにより作成しております。情報の正確性については配慮しておりますが、完全性については保証いたしません。また、一部情報が古くなっている場合もあります。船内荷役作業主任者の内容について誤り等がございましたら、「ご連絡フォーム」よりご指摘いただければ幸いでございます。