水先人

水先人に関する資格試験情報を掲載しています。資格の区分、資格試験の受験資格、試験の内容などを紹介します。水先人の資格取得なら、資格DBにお任せください。



水先人の資格取得ガイド

水先人とは、船舶が港に出入りする際など、その水域の事情に精通した水先人がその船に乗り込み、船長へ案内・助言等を行い、目的地まで安全にかつ速やかに導く資格者をいう。危険水域の安全航行に必要不可欠なナビゲーターである。

資格区分

国家資格

受験資格

水先人の受験資格は以下の通りです。

各級の登録水先人養成施設の課程を修了してから1年以内に、下記の資格要件を有し、欠格条項に該当しない者。
[三級]
(1)航行区域が沿海以遠で総トン数1000GT以上の船舶に、1年以上航海士以上または実習で乗船した者。
(2)3級海技士(航海)免許またはこれより上位の免許所持者。
[二級]
(1)航行区域が沿海以遠で総トン数3000GT以上の船舶に、2年以上一等航海士以上の職名で乗船した者。
(2)対象水先区に三級水先人として2年以上従事した者、ほか。
[一級]
(1)航行区域が沿海以遠で総トン数3000GT以上の船舶に、2年以上船長として乗船した者。
(2)対象水先区に二級水先人として2年以上従事した者、ほか。

[欠格条項]
(1)日本国民で無い者。
(2)禁固以上の刑に処せられ、刑の執行中または執行猶予期間中の者、もしくは執行または執行猶予期間終了後5年を経過しない者。
(3)海技士免許または小型船舶操縦士免許を取り消され、取り消しの日から5年を経過しない者。
(4)船長または航海士の職務につき業務の停止期間中の者。
(5)船長または航海士の職務につき3回以上の業務の停止を命ぜられ、直近の業務停止期間が満了した日から5年を経過しない者。
(6)水先人免許を取り消され、取り消しの日から5年を経過しない者。

資格試験内容

[試験内容]

(1)身体検査
(2)学術試験(身体検査合格者のみが対象):筆記試験、口述試験

受験申込期間

[三・二級]各級の登録水先人養成課程が修了次第実施。[一級]1月頃(前年12月~1月の官報にて公示)。

試験実施日

[三・二級]各級の登録水先人養成課程が修了次第実施。[一級]2月頃(前年12月~1月の官報にて公示)。

試験地

受験水先区を管轄する地方運輸局の所在地

受験料

身体検査・筆記試験:9700円。口述試験:11900円。

合格率

58%

資格関連書籍

水先人関連の人気書籍

お問い合わせ先

水先人についての資格試験に関するお問い合わせは以下の公式問い合わせ機関にお問い合わせください。

国土交通省海事局海技資格課水先係

水先人について

水先人に関する情報は作成日時点(更新時点)のデータにより作成しております。情報の正確性については配慮しておりますが、完全性については保証いたしません。また、一部情報が古くなっている場合もあります。水先人の内容について誤り等がございましたら、「ご連絡フォーム」よりご指摘いただければ幸いでございます。