国税専門官

国税専門官に関する資格試験情報を掲載しています。資格の区分、資格試験の受験資格、試験の内容などを紹介します。国税専門官の資格取得なら、資格DBにお任せください。



国税専門官の資格取得ガイド

国税専門官とは、税金に関する専門家である。その職務内容は、国税調査官、国税徴収官、国税査察官の3つに分けられる。国税専門官には、高度な専門知識が必要となる。

資格区分

国家資格

受験資格

国税専門官の受験資格は以下の通りです。

(1)試験実施年の4月1日現在、21歳以上29歳未満の者。
(2)21歳未満の者でも、大学を卒業した者、および翌年3月までに卒業見込みの者。
(3)人事院が上記に掲げる(2)と同等の資格があると認める者。

資格試験内容

[試験内容]

[1次]
学科
(1)専門試験(選択式、2時間20分)
必須(民法・商法、会計学)
選択(憲法・行政法、経済学、財政学、経営学、政治学・社会学・社会事情、英語、商業英語、情報数学、情報工学の9科目から4科目選択。)

(2)教養試験(選択式、3時間)
一般的な知識および知能について
必須(時事、文章理解、判断・数的推理、試料解釈の25題)
選択(自然、人文、社会の30題から20題選択)

(3)専門試験(記述式、1時間20分)
憲法、民法、経済学、会計学、社会学の5科目から1科目選択

[2次] (※1次試験合格者を対象に行われる)
(1)人物試験:個別面接
(2)身体検査:一般内科系検査

※採用後は、約4ヶ月の基礎研修を受け、実務経験を経て、国税調査官・国税徴収官等に任用される。

受験申込期間

4月上旬~中旬

試験実施日

[1次]6月上旬。[2次]7月下旬。

試験地

[1次]
札幌、仙台、秋田、高崎、さいたま、東京、新潟、松本、名古屋、金沢、京都、大阪、松江、岡山、広島、高松、松山、福岡、熊本、鹿児島、那覇。
[2次]
札幌、仙台、さいたま、東京、名古屋、金沢、大阪、広島、高松、福岡、熊本、那覇。

受験料

合格率

11%

資格関連書籍

国税専門官関連の人気書籍

お問い合わせ先

国税専門官についての資格試験に関するお問い合わせは以下の公式問い合わせ機関にお問い合わせください。

各国税局人事第二課・沖縄国税事務所人事課試験担当係
http://www.nta.go.jp

国税専門官について

国税専門官に関する情報は作成日時点(更新時点)のデータにより作成しております。情報の正確性については配慮しておりますが、完全性については保証いたしません。また、一部情報が古くなっている場合もあります。国税専門官の内容について誤り等がございましたら、「ご連絡フォーム」よりご指摘いただければ幸いでございます。