航空保安大学校学生

航空保安大学校学生に関する資格試験情報を掲載しています。資格の区分、資格試験の受験資格、試験の内容などを紹介します。航空保安大学校学生の資格取得なら、資格DBにお任せください。



航空保安大学校学生の資格取得ガイド

航空保安大学校学生とは、航空交通管制業務に携わる技術者を養成する航空保安大学校で学ぶ学生。航空保安大学校には、航空管制科、航空情報科、航空電子科の3つに分かれるが、いずれも2年間の研修期間となる。修了後には、航空機の離着陸および航行の保安業務に携わる。

資格区分

国家資格

受験資格

航空保安大学校学生の受験資格は以下の通りです。

試験実施年4月1日現在、20歳未満の者で、下記のいずれかに該当する者。
(1)高等学校を卒業した者、または翌年の3月卒業見込みの者。
(2)中等教育学校を卒業した者、または翌年の3月卒業見込みの者。
(3)高等専門学校3学年を修了した者、または翌年の3月修了見込みの者。
(4)人事院が上記に掲げる(1)(2)と同等であると認める者。

資格試験内容

[試験内容]

[1次]
(1)教養試験(選択式)
(2)適性試験(航空管制科のみ)
(3)学科試験(選択式)
航空管制科:英語Ⅰ・Ⅱ、リーディング、ライティング
航空情報科:数学Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ、数学A・B・C、英語Ⅰ・Ⅱ、リーディング、ライティング
航空電子科:数学Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ、数学A・B・C、物理Ⅰ・Ⅱ

[2次] (※1次試験合格者のみ対象)
(1)人物試験
(2)身体検査
(3)身体測定

※下記に掲げる条件に該当する者は不合格となる。
[航空管制科]
(1)視力検査の結果、視力が適性範囲に無い者。
(2)色覚異常
(3)聴覚異常(3000Hzで50dB以上、2000Hzで35dB以上、1000Hzで35dB以上、500Hzで35dB以上の失聴が方耳でもある者。)
[航空情報科]
(1)色覚異常
(2)聴覚異常(航空管制科に準ずる)
[航空電子科]
色覚異常

受験申込期間

郵送・持参:7月下旬~8月上旬。インターネット:7月中旬~下旬。

試験実施日

[1次]9月下旬。[2次]1月下旬。

試験地

[1次]
札幌、仙台、新潟、東京、名古屋、大阪、広島、高松、福岡、宮崎、那覇。
[2次]
札幌、東京、大阪、福岡、那覇。

受験料

合格率

8%

資格関連書籍

航空保安大学校学生関連の人気書籍

お問い合わせ先

航空保安大学校学生についての資格試験に関するお問い合わせは以下の公式問い合わせ機関にお問い合わせください。

人事院各地方事務局・事務所または航空保安大学校教務課
http://www.kouho-dai.ac.jp

航空保安大学校学生について

航空保安大学校学生に関する情報は作成日時点(更新時点)のデータにより作成しております。情報の正確性については配慮しておりますが、完全性については保証いたしません。また、一部情報が古くなっている場合もあります。航空保安大学校学生の内容について誤り等がございましたら、「ご連絡フォーム」よりご指摘いただければ幸いでございます。