環境・自然 資格取得ガイド

環境や自然に関する資格を紹介。



eco検定(環境社会検定試験)

eco検定(環境社会検定試験)とは、環境に対する幅広い知識を持ち、社会の中で率先して環境問題に取り組む人づくりと、環境と経済を両立させた、「持続可能な社会」を目指すために生まれた資格試験。環境問題への関心が高まる中、環境へ配慮した生活への知識を身につけるためにも取得しておきたい資格である。


ビオトープ管理士

ビオトープ管理士とは、自然を守るための調査・研究、保護、環境教育などのさまざまな活動や提案を行う資格者。ビオトープとは、地域の野生動植物が生息・生育していける空間のことをいう。


一般計量士

一般計量士とは、濃度や音圧レベル、振動加速度レベル以外の物象の状態の量に係る計量と、計量管理に必要とされる知識や技能を有しているかをはかる資格試験。


公害防止管理者

公害防止管理者とは、生産計画を立て、公害防止対策を講じることで、亜硫酸ガスを含んだばい煙や、水質を悪化させる工場廃液が、自然環境に悪影響を与えるのを防ぐことを目的とする資格者。


東京都公害防止管理者

東京都公害防止管理者とは、東京都により「公害発生のおそれがある」と指定された工場に配置される資格者。資格は一種と二種に分けられ、講習を受講し、修了試験に合格することで資格取得となる。


森林インストラクター

森林インストラクターとは、山村や森林・林業への理解を深めるために、一般の人に対して森林の案内や野外活動の指導を行う資格者。


樹木医

樹木医とは、樹木の診断や治療、後継樹の保護育成を行うほか、樹木保護に関する知識の普及や指導を行う専門家である。


気象予報士

気象予報士とは、気象庁から提供される数値予報資料等高度な予測データを、適切に利用し、予測することができる技術者を確保することを目的とした資格。


環境計量士

環境計量士とは、環境計測に関する測量の知識・技能をはかる資格試験。濃度の計量・計量管理に必要な知識を判定する濃度関係、音圧レベル・振動加速度レベルの計量・計量管理の知識を判定する騒音・振動関係に分かれる。


臭気判定士

臭気判定士とは、試料の採取、パネル選定、試料の調整と試験の実施、結果のまとめなど判定試験全体の責任者。試料採取時期の決定や試験開始、希釈倍数の決定など、自らも正常な嗅覚の持ち主なければならない。


造園技能士

造園技能士とは、造園の設計図に基づく、造園工事の施工に必要な技術をはかる資格試験。造園技能士は、見取り図作成から庭木、庭石の選定まで庭造りの全てを行う、高度な技術と知識を必要とする資格である。


造園施行管理技士

造園施行管理技士とは、造園工事の実施にあたり、その施行計画から現場での工程および安全管理まで、施行全般にわたる諸作業を任せられる技術者。


飼料製造管理者

飼料製造管理者とは、消費者の安全な食生活を守るために、家畜の飼料や飼料添加物の製造あるいは保存等について管理し、指導を行う資格者。