財務・金融・経済 資格取得ガイド

簿記検定や会計士、税理士、ファイナンシャルプランナーなど財務・金融・経済に関する資格を紹介。



DCプランナー認定試験

DCプランナー認定試験とは、確定拠出年金制度の円滑な普及を図るため、専門知識をもった人材の育成を目的として設けられた制度における資格試験。金融機関の従業員や企業経営者だけでなく、自らの年金を効率的に運用したい人の受験も可能。


アクチュアリー

アクチュアリーとは、保険会社や信託銀行などにおいて、保険数理や年金数理などを行う専門家になるための資格。国際的に認められている高度な資格であり、金融・保険業界で注目されている。


パソコン財務会計主任者試験

パソコン財務会計主任者試験とは、パソコン財務会計システムに関する知識と実務能力を測る検定試験。ソフトウェアの操作技術に加え、簿記や経理実務に関する知識・スキルも問われるため、実際の経理職に必要とされる能力を総合的に測ることが可能となる。


ファイナンシャルプランニング技能士

ファイナンシャルプランニング技能士とは、金融機関の職員など、資産移管する相談業務に従事する人の、ファイナンシャル・プランニング業務知識と実践の技能を測るための検定。試験は3段階に分けられる。


ファイナンシャル・プランナー(AFP/CFP)

ファイナンシャル・プランナー(AFP/CFP) とは、個人資産の運用、金融などに対し、総合的な面からのアドバイスを送るた「ファイナンシャル・プランナー」の職務に携わるための資格。顧客の資産運用を手助けできる高度な知識と、厳しい倫理観が必要となる。


中小企業診断士

中小企業診断士とは、企業の経営状態を総合的に診断し、改善・支援・教育まで、幅広いコンサルティング業務を行うための資格。


公認会計士

公認会計士とは、企業の経営状況を報告する「財務書類」が公正なものかを判断する監査などを行う公認会計士の職務に携わるための資格試験。


税理士

税理士とは、税務の専門家としての税務に関する知識と技能を測る資格。試験はかなり難しいが、この資格を取得すると税理士事務所の開業や、一般企業の経理部門に勤務するにも有利となる。


簿記検定

簿記検定とは、日々の経営活動を記録・計算・整理し、経営成績と財政状態を明らかにする技能を認定する資格。


簿記能力検定

簿記能力検定とは、企業の過去から現在、将来の予測までを表現する簿記の知識や技術を測るための資格試験。この資格は、難易度により5段階に分かれており、自分の目的に合わせて受験することができる。


英文会計検定

英文会計検定とは、世界の最高水準にあるアメリカ会計理論とその帳簿組織の仕組みである、国際会計基準を実務に生かす知識・能力を測る検定。


証券アナリスト

証券アナリストとは、経済・社会動向、企業収益、財務状況など広い範囲に渡ってのデータの収集、分析、投資助言を行うための資格。証券会社や金融機関に所属し、株価や経済の変動を予測する。


金融窓口サービス技能士

金融窓口サービス技能士とは、労働者の地位と技能の向上を図ることを目的する資格試験。今まであった「テラー技能審査」が廃止となり、代わりに設けられた資格。


銀行業務検定試験

銀行業務検定試験とは、金融に携わる人たちの実務能力水準の向上を図る目的で設けられた試験。法務・財務・税務など22系統・36種目の試験が実施されている。金融関係に従事する人を目的としているが、近年では学生の受験者も増えてきている。