食事・栄養 資格取得ガイド

調理師や栄養士、食生活アドバイザーなど食事と栄養に関する資格を紹介。



カフェプランナー資格認定試験

カフェプランナー資格認定試験とは、カフェビジネスに関する基礎から応用までの知識と技術を認定する資格試験のこと。3級を取得すれば、カフェプランナーを呼称することができる。


ソムリエ

ソムリエとは、レストランなどにおいて、ワインを中心とした材料の仕入れや保管管理、食卓で提供される料理とワインの組み合わせ、販売など、ワインに関する全ての業務を担当するソムリエとして活躍するための資格。


パン製造技能士

パン製造技能士とは、パンの材料選定、生地の調整・発酵・仕上げ・保存・製品検査の知識・技能に加え、食品一般や法律の知識などを認定する国家資格。


フードコーディネーター資格認定試験

フードコーディネーター資格認定試験とは、レストランや飲食店のメニューの考案をはじめ、イベント等の企画、食品メーカーの商品開発など、食に関するトータルプロデュースを行うフードコーディネーターになるための資格試験。


レストランサービス技能士

レストランサービス技能士とは、ホテルやレストランにおける西洋料理接客・飲食サービス従事者の接客技能と知識のレベルを検定し公証する試験。


ワインアドバイザー/ワインエキスパート

ワインアドバイザーとは、専門学校講師または酒類業界などワイン関連の仕事に従事しているプロを対象とした資格。
ワインエキスパートとは、一般のワイン愛好家を対象とした資格。


利き酒師

利き酒師とは、日本酒についての幅広い知識とともに、正しい味覚をもつ専門家になるための資格。
日本酒サービス研究会・酒匠研究会連合会が主催する、利酒講習会テキストにもとづいた[受験資格認定講習会]を受講し、後日[呼称資格認定試験]に合格することで、資格取得となる。


家庭料理技能検定(料検)

家庭料理技能検定(料検)とは、栄養学と料理学を組み合わせた文部科学省認定の資格。筆記試験と実技試験に分かれ、1~4級まである。


栄養士

栄養士とは、健康管理の専門家として、保健所や学校・病院などで栄養管理・指導を行うための資格。


管理栄養士

管理栄養士とは、栄養士業務の中でも、高度な知識と技術が要求され、複雑かつ困難な専門業務を受け持つための資格。


菓子製造技能士

菓子製造技能士とは、菓子製造に関する一連の知識と技術を検定し、一定の基準に達していれば取得できる国家資格。洋菓子と和菓子の製造に別れ、それぞれ2級、1級の認定基準がある。


製菓衛生師

製菓衛生師とは、菓子造業者の資質と公衆衛生の向上が目的とされる資格。資格がないと菓子が製造できないわけではないが、免許取得により信用度が高まる。


調理師

調理師とは、「調理師の名称を用いて調理の業務に従事することができる資格。この資格を取得するには、調理師養成学校を卒業するか、各都道府県が実施する調理師試験に合格する、という二つの方法がある。


調理技術審査/調理技能検定

調理技術審査/調理技能検定とは、調理の技術・知識、技能に関する最低限の能力を有するかどうかを試すための資格試験。この資格を取得すると、「専門調理師」、「調理技能士」と称することができる。


食品衛生管理者

食品衛生管理者とは、施設や製造での加工工程において、衛生的で安全な食品を製造するよう監督する業務を目的とした資格。


食品衛生責任者

食品衛生責任者とは、食品の製造・販売所や飲食店など、職員を扱う営業所での衛生自主管理を目的とした資格。
飲食店の開業などには、営業許可証とともに必ず必要となる。取得方法は各都道府県により多少の違いがある。


食生活アドバイザー

食生活アドバイザーとは、食材や調理の面からだけでなく、環境問題や子孫への影響など広い視野に立ち健康管理を提案するための資格。