福祉・健康 資格取得ガイド

社会福祉士や介護福祉士など福祉と健康に関する資格を紹介。



あん摩マッサージ指圧師

あん摩マッサージ指圧師とは、人体患部に触れてマッサージをすることで患者の痛みを和らげたり、血行促進、こりをほぐすなどの職務を行うための資格。


きゅう師

きゅう師とは、もぐさを皮膚の表面のツボと呼ばれる局部に置いて燃やし、熱による刺激を与えることで身体の調整を行う専門家になるための資格。


はり師

はり師とは、はりにより人体患部に刺激を与え、神経痛や関節炎などの痛みを緩和するなど様々な効能がある治療法を行う「はり師」になるための資格。


カイロドクター(カイロプラクティックドクター認定証)

カイロドクター(カイロプラクティックドクター認定証)とは、骨格系に生じた歪みを矯正することによって、人間が本来持っている「自然治癒力」を高めることにより、健康増進をはかる「カイロドクター」になるための資格。


カウンセラー(日本カウンセリング・センター)

カウンセラー(日本カウンセリング・センター)とは、心に悩みを抱える人の相談相手となり、心理学の技法などにより回復させる専門家。所定の講座で学習し、審査に合格すると「日本カウンセリング・センター」認定のカウンセラーになれる。


ケアクラーク技能認定試験

ケアクラーク技能認定試験とは、ケアマネージャーが作成したケアプランが円滑に遂行されるよう、関係機関やサービス業者などと連絡を取ったり、介護報酬請求などの様々な事務業務を行う知識を測る試験。


サービス介助士2級

サービス介助士2級は、自宅学習と実技教習で取得可能な資格。高齢者や障害者が積極的に街中に出かけられるよう自立を支える社会環境づくりを担う。現在は2級のみ実施されている。


ホームヘルパー

ホームヘルパーとは、高齢者や身体障害者のいる家庭を訪問し、生活援助や身体介助などの日常生活全般の援助を行う訪問介護員として働くための資格。各市区町村や民間団体などが実施する講習受講で取得できるが、現場で働くには2級以上の取得が不可欠であるといえる。


リフレクソロジスト

リフレクソロジストとは、疲労やストレス、体調不良などを、血液やリンパの流れをスムーズにし、老廃物の排泄を促して、本来持っている自然治癒力を高めて行くという考え方を基本とした足裏健康法により解消するもの。


介護支援専門員(ケアマネージャー)

介護支援専門員(ケアマネージャー)とは、介護を受ける側の立場に立ち、サービス提供者間との調整に当たるのが介護支援専門員である。
この職種に携わるには「介護支援専門員実務研修受講試験」という、自立した日常生活を営むのに必要な援助に関する専門的知識及び技術を測るための試験の受験が必要となる


介護福祉士

介護福祉士とは、課程における介護能力の充実強化を図り、国民の福祉向上を目的に制定された資格。資格取得には、介護福祉国家試験に合格する、高校卒業以上の者が介護福祉養成施設を卒業する、のいずれかの方法がある。


作業療法士

作業療法士とは、障害者の機能回復・機能維持・機能開発といったことを促す専門家。OT(Occupational Therapist)とも呼ばれる。理学療法士とならびリハビリテーションにおけるプロフェッショナル資格である。


手話技能検定

手話技能検定とは、手話の学習者や手話を仕事へ生かしている人などに対し、その技能レベルを測る目的で設けられた試験。


手話通訳士

手話通訳士とは、聴覚障害者と健聴者の間のコミュニケーションを円滑に図る担い手として重要な役割を果たすかどうか、手話通訳士としての知識と技能を測る社会福祉法人 聴力障害者情報文化センター認定の資格。


柔道整復師

柔道整復師とは、打撲、捻挫、脱臼、骨折などの回復を促すための応急処置や補助的治療を行うための資格。病院の整形外科、接骨院などで活躍できる資格である。


歩行指導員

歩行指導員は、盲導犬(アイメイト)の候補となる犬の訓練・育成、また盲人に対しての盲導犬による歩行指導を行う。この資格を取得するには、書類審査、面接、5年間の研修期間が必要となる。また、1回の募集につき、若干名の採用であるが、不定期の採用なので毎年実施されるとは限らない。


点字技能検定試験

点字技能検定試験とは、点字の読み書きの正確性、迅速性など、点字に関する知識と技術を客観的に見極める検定。また、福祉における基礎知識も必要とする。


社会福祉士

社会福祉士とは、高齢者や身体障害者などの福祉に関する相談に応じ、アドバイスや指導を行うための資格。高齢者だけでなく、障害者や児童にかかわる相談・援助も行うため、福祉全般の専門知識や技能が求められる。


福祉レクリエーションワーカー

福祉レクリエーションワーカーとは、利用者の障害や能力に応じたレクリエーションプログラムを企画、提供することで、利用者の生活の一助となる活動を行う、福祉レクリエーションの専門家。


福祉住環境コーディネーター検定試験

福祉住環境コーディネーター検定試験とは、生活・住環境の両面から高齢者・障害者の自立支援を促すための知識・技能を測る検定試験。


福祉用具専門相談員

福祉用具専門相談員とは、病状や障害の度合いに応じて、福祉用具の選定や使い方をアドバイスできる福祉機器の専門家を認定する資格。この資格取得には厚生労働大臣指定の講習会を受講する必要がある。


移動介護従事者

移動介護従事者とは渉外のある人たちの外出の補助をすることで、自立と社会参加の手助けを行うのが職務をなる。この業務に就くには、都道府県知事が認める養成研修を修了する必要がある。


精神保健福祉士

精神保健福祉士とは、精神障害者の保健及び福祉に関する専門的知識や技能をもって、社会復帰を目指す人の相談、アドバイス、指導、援助を行う職務。資格取得には試験に合格する必要がある。


臨床心理士

臨床心理士とは、ストレスや悩みを抱えている人々に、臨床心理学の専門的な立場から援助していこうとする職能専門家のこと。資格取得には試験に合格する必要がある。