Q&A 天下りとかバカ言っているサルが未だにい …


2011年08月13日 Q.質問
天下りとかバカ言っているサルが未だにいるが、法律で規制済み国家公務員法の改正により、職員の再就職に関する規制が導入。平成19年法律第108号既に政府は、規制・監視を行っている。国家公務員法に基づく再就職の公表バカは、質問の前に調べろよな。毎年、前年の状況を公表。平成21年4月1日~平成22年3月31日分府省等計国又は地方公共団体の機関 2人独立行政法人 11人 特殊法人 41人認可法人 3人公益法人 81人学校法人等 22人その他の非営利法人 24人合計 184人地方警務官国又は地方公共団体の機関 0人独立行政法人 0人 特殊法人 2人認可法人 0人公益法人 41人学校法人等 5人その他の非営利法人 21人合計 69人国家公務員の再就職の状況については、国家公務員法第106条の25第2項等の規定に基づき、内閣が毎年度公表することとされた。実際、騒がれているほどいない。「国家公務員Ⅰ種試験等」とは、国家公務員採用Ⅰ種試験、防衛省職員採用Ⅰ種試験、その他Ⅰ種試験に準ずる試験をいう。平成21年度採用内定者数 660人平成20年度採用内定者数 618人国家公務員採用Ⅰ種採用の3分の1程度。まずは、国家公務員採用Ⅰ種に合格してから、改革すれば。ですか。
2011年08月13日 A.回答
主張は論理的で筋が通るし、共感できる。行政府は非常に有能で、世界的にみても人数が少ない。立法府は世界1の給料で、人数がべらぼうに多い!あなたの、その調べる力があるならば、知恵袋でなくて、もっと他の手段を利用して広めて下さい!ここの方々は批判的に書かれると、すぐスネる人、感情的になる人が多くて、伝わりにくいので。
Webサービス by Yahoo! JAPAN
このコンテンツは、Yahoo!知恵袋APIより自動取得しています。